小川商事株式会社 – 古都・金沢で唯一の美しさをつくるアパレル専門商社

古都金沢で、唯一の美しさをつくる 古都金沢で、唯一の美しさをつくる

〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地 TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785 〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地
TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785
お問い合わせ お問い合わせ

スタッフブログ STAFF BLOG スタッフブログ

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ

カレンダー

> カテゴリー&月別アーカイブ

> 最新の記事15件を表示

展望と花の道を歩く「白山登山」 (2021.09.08)

こんにちは。 経理部の松田です。

 

7/23に日本三名山の白山に登ってきました。

8月の夏山登山に向けて、トレーニングを兼ねて登った白山ですが、日帰りの白山はいつもながら、きついです。

 

今回で6回目の白山登山になりますが、毎回ヘトヘトでございます…

 

MVI_5952_Moment

 

そんな白山でのトレーニングも空しく、8月の夏季休暇中は山の天候がよろしくなく、結局登山できず仕舞い(泣)。

そんなことで、書く予定のなかった今回の白山登山の記録をせこせこと書いてみた次第です。

 

 

ようやく待ちに待った夏山シーズンが到来!

この時期の白山はお花三昧。登山道は色とりどりの花で彩られ、それはそれは素晴らしい景色が広がっているのです。

その為、白山の人気は高く、遠方からの登山者も非常に多いです。

 

ということで、白峰の市ノ瀬に前日入りしました。

 

IMG_5802

 

駐車場の様子。

19時時点ではまだ空きもいっぱいありますが、日が暮れると次々と車が入ってきて駐車。

夏山シーズン中は混雑は必至。登山届も今日のうちに提出しておきます。

車中泊ですが、夜は意外と暑く、車の窓を少しだけ開けて寝ました。

 

4:30  別当出合行きのシャトルバスのチケットを購入。

いつのまにかバス代が値上がり。バスも北鉄バスではなくなってました。

 

IMG_5816

 

 

5:35 別当出合登山口。いよいよ山頂に向けて出発です。

今日は砂防新道を歩き、黒ボコ岩経由で山頂を目指します。

 

IMG_5819

 

 

まずは吊り橋を渡って対岸へ。前後に歩く人の振動でふわふわと揺れて怖かったわー。

 

IMG_5820

 

 

急な石段の登りを過ぎると登山道は緩やかに。

白山の登山道は次々と景色が変わり、目を楽しませてくれます。

 

IMG_5824

 

 

気持ちの良いブナ林の中を30分程歩くと休憩ポイントの中飯場。トイレと水場があります。

 

IMG_5826

 

先ほどから前を歩く男性が何度も振り返って私に話しかけてきます。

「あれが白山ですか」→「いいえ、あれは別山です」

「地図に山頂が御前峰となってるけど、白山という名の山は?」→「白山は総称です。最高峰が御前峰」

「白山は花の名山なんでしょう?」→「そうです、花の種類が多いですよ。もう少し先へ行くとお花が咲いてます」

 

そんな会話をしながら登っているうちにお花も現れ始めました。

この男性、「定年退職して時間があるからボチボチと登っている」と言われてましたが、足取りがとても軽やか。

福岡県にお住まいで、九州から神戸港まで車をフェリーに乗船させて、白山に来たとのこと。

北陸も白山登山も初めてなんだとか。

混雑するアルプスを避けて白山に来たそうですが、駐車場の車の数と登山者の多さに驚かれてました。

「白山、良いところですね」とのお言葉もあったので、白山登山を楽しんでくれてるようで良かったです。

 

これはサンカヨウの実。ブルーベリーみたいですね。

 

IMG_5837

 

 

登山道がミヤマキンポウケで彩られてくると甚之助避難小屋はすぐ。

 

IMG_5852

 

 

7:30 甚之助避難小屋に到着。登山口から2時間程登ってきました。

ここにもトイレと水場があります。砂防新道は給水ポイントが豊富なのが良いところ。

 

IMG_5857

 

 

8:10 南竜分岐に到着。

向こうに見えるのが別山。カッコイイ!

 

IMG_5870

 

展望が開けてくると、直射日光をもろに受け、暑さもハンパないです。

水に濡らしたタオルを首に巻いてクールダウン。ちょっとだけ生き返りました。

 

日本海が見えてます。

 

IMG_5873

 

分岐を黒ボコ岩方面へ。

ここから先は展望も良く、お花の種類もどんどん増えてきます。まさにここからが花の名山の真骨頂!

 

ヨツバシオガマ

IMG_5864

 

ミヤマキンバイ

IMG_5884

 

斜面にはコバイケイソウの群落

IMG_5887

 

お花を愛でながら歩くのはい楽しいけど、撮影の度にしゃがんだり立ったりは足に堪えるんだよね~。

徐々に体力が消耗してきて辛くなってきた…。

 

山腹を巻いて進みます。見晴らしが良くて気持ちの良いところ。

 

IMG_5874

 

 

沢を渡れば十二曲がり。お花畑の中の石段をジグザグに登ります。

山の斜面一面がお花で埋め尽くされ、圧巻! どこにカメラを向けても絵になります。

 

IMG_5899

 

 

後ろを振り返れば、別山。

 

IMG_5906

 

 

登りの途中にある延命水。

ぽた…ぽた…としか水が出ていなかったです。あー命をつなぐ水がーーー!

 

IMG_5902

 

 

9:05 黒ボコ岩。沢山の登山者が岩の上で写真を撮ったり、休憩してました。

私はここまででもう十分堪えてしまってます…

 

そしてようやく白山山頂の姿が! あーいつ見てもきれいー!

 

IMG_5907

 

 

チングルマやアオノツガザクラなどのお花もお目見え。

 

IMG_5915

 

 

木道をたどってハイマツ帯の五葉坂へ。

ここを登りきれば室堂ですが、ここまでの疲労が足にきます。岩伝いの登りはしんどーい!

 

IMG_5919

 

 

9:40 室堂到着。はぁー着いたー。

 

IMG_5924

 

水洗トイレと更衣室が新しく併設されてました。帰りに利用しましたが清潔感があってとても綺麗でした。

 

山頂を正面に見ながらベンチでおにぎりと家庭菜園のミニトマトを食べてエネルギー補給。

高山であろうが炎天下の中はさすがに暑いです。

 

IMG_5929

 

 

10:00 山頂目指して出発

 

IMG_5931

 

 

山頂に続く道。

 

IMG_5935

 

歩き出すとすぐにお花の撮影ポイント。誘惑がいっぱいあって、なかなか前に進めないです…

白山は高山直物の宝庫。

 

石川県の県花クロユリ

IMG_5940

IMG_6023

 

今年も出会えて嬉しいです!

 

コイワカガミ

IMG_5944

 

クルマユリ

IMG_5957

 

ハクサンフウロ

IMG_6053

 

 

青空が広がっていい感じ。

 

IMG_5961

 

 

後ろを振り返れば、夏山感がスゴイ!

 

IMG_5962

 

迫りくる雲、山頂に着くまでに青空間に合うだろうか…

 

ようやく山頂まで半分を過ぎたところ。

はーしんどー。足が重くて全然進んでる気がしない。

 

IMG_5964

 

若者の男性グループも、「足やっばー」と言いながら登ってました。私もやばい!

 

疲れたら立ち休み。景色を眺めて深呼吸。

他の登山者からの「あー、キレイな山だねー」の声が励みです。

 

11:00 山頂に登頂しました! しかし残念ながら山頂はガスの中。

 

IMG_5983

 

私も撮影の列に並んで撮ってもらいました。

疲労困憊の為、顔は隠させて頂きますね(笑)。

 

IMG_5979

 

白山の最高峰が御前峰(ごぜんがみね)標高2702mです。

晴れていれば、日本海や北アルプス、御嶽山など360度の大パノラマが広がっています。

 

時折、ガスの切れ間から火口湖のお池が一望できました。

まだ雪が沢山残ってますね。コバルトブルーに輝く池が美しいです。

 

IMG_5989

 

IMG_5985

 

雪の上はとても気持ちよさそう。

毎回、お池巡りコースを歩いて下山するのですが、今日はすでに体力の限界を感じとっていたので、

お池巡りはせずにピストンで下山することにしました(泣)。

 

11:45 下山時の膝痛を考慮して、無理をせず、おとなしく下山しまーす!

室堂に向かって歩いていると、自転車を抱えて登ってきたツワモノどもが。

 

IMG_6006

 

自転車に乗って下山するそうですが、自転車で通れるようなルートがあるのでしょうか?

すごい人達がいるもんだ(驚)!

 

室堂山荘周辺もコバイケイソウの群落。今年はコバイケイソウの当たり年だったようです。

 

IMG_6032

 

ハクサンコザクラ

IMG_6021

 

 

13:00 室堂でしばし休憩をして出発

 

IMG_6017

 

 

途中、膝が痛くなってきて、岩から足を下ろす度に″イテテテテー″と。下山はやはり堪えますねー。

何度か休憩をとりながら、ゆっくりと下山しました。

 

IMG_6067

 

 

16:30 無事に別当出合に到着。はー疲れたー。

2週間ほど前から、体幹に良いとされる筋トレをしていたものの、全く持久力なし。

そして半端ない筋肉痛の苦しみ…(涙)

 

それでも、豊かな自然に満ちた白山は大きな魅力なので何度でも行きたくなってしまうんです。

展望と花の道は本当に気持ちよくて楽しい!

次回はもうちょっと筋力をつけて行こうと思います。

 

 

 

白山登山ショートムービー

 

 

 

夏! なのに・・・ (2021.08.02)

こんにちは! 人材・ユニフォームセクションの川原です。

 

地元の海 千里浜なぎさドライブウエイ。

羽咋市の発表では、7/31~8/22まで新型コロナまん延防止重点措置のため通行止めとのことでしたが、

時間で規制してたかどうかはわからないですけど、夕方は入れました。

 

ただ日曜日の夕方とはいえ、非常に人が少なく、夏の終わりのような感じです。

 

 

IMG_0983

 

 

それよりも、年々砂浜が狭くなっており、子供のころに比べると3分の1ぐらいの感覚です。

場所によれば車1台くらいの幅のところもあり、年間の3分の1が通行止めらしいです。

 

子供のころから遊ぶのも、アルバイトも部活のトレーニングも、いまもゴルフのバンカー練習も、

お世話になったこの砂浜が今後、どうなっていくのか非常に心配です。

 

 

IMG_0989

 

 

温暖化の影響も大きいので、私一人何ができるわけでもないのですが、

この砂浜ができるだけ長く残るため、自分ができることをしたいと感じました。

 

 

長年のご勤労に感謝! 多くの学びは私の宝物です。 (2021.07.19)

経理部の松田です。

 

7月15日、博学でユーモアセンスあふれる五寶さんが退職されました。

長きに渡り、経理部部長および常務取締役を務められ、沢山のご指導をくださいました。

 

常に多くの社員の先頭に立って多大な貢献をされましたこと、社員一同、深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

IMG_3234-2

 

 

細かなことに気づき、お世話は人一倍。

何事も親身になって社員の沢山の様々な相談にのってこられました。

また社内メンテだけではなく、会社周りや駐車場の除草もされるなど、その姿にいつも頭が下がりました。

忙しいからしないではなく、気づいたら自ら早速行動する方。

誰よりも会社と社員のことを想い、行動されていた方だったと思います。

 

私は入社以来ずっと経理部所属。五寶さんの元で仕事をさせていただきました。

部下としてご指導いただけたことを、大変幸せに思います。

お教え頂いたこと、お世話になったこと、色々思い出されます。

いつも絶えず、温かいご指導を賜りました。私も少しずつですが成長することができました。

 

経理業務の改善を着実に行ってこれたのも五寶さんがいたからこそ。

感謝しかないです。

 

 

IMG_5783-1

IMG_5786-1

 

 

経理の仕事だけに及ばず、会社のビジョンなどについてもよく経理部内でお話しをしました。

社員皆が同じベクトルを持つことや、まだまだ変われる要素がいっぱいあることなど…

そんな話しを五寶さんとしていた時が私には一番楽しい時間でした。

 

また世界情勢や経済のこと、旅行の話もよくしましたよね。

クラシック音楽やジャズもお好きで、随分昔の歌謡曲の歌詞を忘れることなく覚えていらしたのには驚きです。

 

お話し上手でユーモアを効かせた雑談ネタも連発!

絶えず職場を明るくしてくださり、ホントによく笑わせていただきました。

 

 

IMG_5789-1

 

 

長い間ずっと会社を支えてこられ、そのご功労はとても言葉では言い表わせないです。

大変お世話になりました。心より感謝いたします。

 

これからはお仕事をする姿が近くで見られないと思うと、とても寂しいですが、

いつまでもお元気で、

これからも素敵な日々をお過ごしになられますよう心から願っています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

2021秋冬コレクションより人気商品のご紹介 (2021.07.02)

シーツープレタセクションの室井です。

 

6月19日、20日に金沢国際ホテルでコロナ対策を徹底して秋冬コレクションが開催されました。

来場されたお客様は、いろんな商品を見られ大変喜んで頂き、また素敵な笑顔を拝見でき、

私自身元気をもらいました。

 

人気の商品をご紹介いたします。

秋色オレンジのウール素材のチュニックは柔らかく着心地良い商品です。

大きいパッチポケットが可愛さを表現しています。

 

IMG_0199

 

 

個性的なニットとパンツ提案。

ピンクのコントラスト楽しいニット、気持ちもワクワクしそうです。

 

IMG_0198

 

 

優しいアイボリーホワイトのデザインニット。モチーフ使いがポイント。

すごくエレガントに映りますよ。

 

IMG_0196

 

 

エタナリーブランドのセットアップです。

お客様から以前と比べると全体に丸くなったね、とのお声が聞かれました。

シャープさが取れて優しくエレガントな装いです。

 

IMG_0195

 

 

皆さん、もう少しの我慢。

お洒落して心躍らせ楽しみましょう。

 

 

春うらら。早春を彩る花を求めて (2021.06.17)

経理部の松田です。

 

春は色とりどりの花が咲き誇る季節。

特にさまざまな花に包まれる里山は見どころ満載なのです!

 

 

IMG_4991

 

というわけで、4/3午前に河北潟花街道の桜見物をした後、

早春の花・カタクリを求めて福井県大野市まで行ってきました。

 

ここは、100万本のカタクリの花が咲く「矢ばなの里」。

西日本最大級のカタクリ群生地です。

 

IMG_4727

 

菜の花畑を見ながら中に入ると、斜面一面にカタクリの花がぎっしり。

入口からその数に圧倒されます。

 

IMG_4935

 

この地区の方々が荒れた里山を人と共存できる森にしようと、桜を植えて整備を始めたところ、

3年目の春に偶然カタクリの群生地を発見したんだとか。

すべて自生した自然のままの状態だそうで、圧巻の光景です。

 

IMG_4796

IMG_4802

 

右を見ても、左を見てもカタクリの花・花・花・・・

まさしく百花繚乱。

 

IMG_4949

IMG_4815

 

園内には遊歩道が整備されていて回遊することができます。

ベンチも設置されているのでゆっくりとお花を観賞。

 

IMG_4917

IMG_4822

 

今日は父を連れて見にきました。

桜を一緒に見に行った時に、父が「春に咲く可愛い花を見てみたい」と言っていたので。

ここなら山を登らなくても、お手軽にお目当ての花を堪能できますからね。

 

カタクリは種から花が咲くまで8年の年月がかかるそうですよ。

 

IMG_4764

 

体勢が厳しいですが、下からのアングル撮影。

赤紫色の花びらがとても美しいです。

 

IMG_4747

 

斜面一面に咲くカタクリは圧巻の一言。

感動が抑えきれず「すごーい、すごーい」と言いながら写真を撮っていました。

 

IMG_4885

IMG_4874

 

カタクリに交じってヤマエンゴサクやスミレも咲いてます。

 

IMG_4937

 

 

「矢ばなの里」からは百名山・荒島岳の姿も。

 

IMG_4992

 

 

カタクリの花を堪能した後は、越前大野城を見学。

そして帰りの道中、北谷の福寿草も見てきました。

 

カタクリと福寿草は春を告げる山の妖精・スプリングエフェメラルです。

 

IMG_5055

 

鮮やかな黄色に春の輝きを感じますね。

今年は開花が早いのかなと思っていたんですけど、まだ蕾がいっぱいありました。

 

IMG_5058

 

地面にしゃがみこんで撮影。

 

IMG_5072

IMG_5057

 

幸せを招く黄色の花・福寿草。

今年こそハッピーなことがありますようにと願いを込めて・・・

 

 

早春に咲く花はやっぱり可憐で可愛い!

お天気も良く、ちょうどお花の見頃を迎えたベストタイミングに観賞できて良かったです。

春しか見られない花の絶景とのどかな風景に癒されたひとときでした。

 

いよいよ季節は新緑から初夏へ。街と山が緑や花であふれる風景も楽しみです。ふふふ。

 

 

男子、厨房に入ってみようかな (2021.06.08)

コロナ渦でどこかへ出かけることもできなくて憂鬱な今日この頃、皆さん、如何お過ごしでしょうか?

 

私、経理部・五寳、いよいよ本年7月15日をもって、

当社での「サラリーマン生活」を終えることとなりました。残すところ、あと1か月余り・・・。

 

会社を卒業したら、時間の余裕ができる。

旅行など、どうだろう。

首都圏での美術館巡りは、どうだろう。

評判の良いお店で食事などはどうでしょう。

 

しかし、どうも、昨今のコロナの状況下ではどれもこれも叶わぬ望みということで、はたと困りました。

 

ふと、居間でテレビを見ていたら、BS・フジ181チャンネルで「日本一ふつうで美味しい植野食堂」と

いう番組を放送していました。

 

 

◎植野食堂 ヨコ トップ

 

 

番組の説明に

■雑誌「dancyu」の編集長・植野広生は「植野食堂」の開店準備中。

■目指すは、日本一ふつうで美味しい料理が自慢の食堂をつくること!

■「”ふつうで美味しい”とは”今日も、明日も10年後も食べたい味”」と、植野編集長。

■しょうが焼きに、ナポリタン、ポテトサラダ・・・

■お品書きは自分が感動したお店の味でいっぱいにしたいと、店主に頼み込み、美味しさの秘密を学ぶ。

■番組ホームページには、番組で紹介したお店のレシピを動画と合わせて掲載!

■素朴でふつうだけれど後世に残したい味を紹介していく。

 

と、まあこのように書いてあります。これは良い。

 

 

◎ナスカラフル009_1

◎チジミ084_1

◎ホイコーロー010_1

 

 

番組は「植野広生」さんが、都内の名店、評判の店の厨房にじかに立たせてもらい、

和、洋、中をはじめ、酒の肴になりそうな様々な料理を、料理人直伝にて教わり、作り、

次々と「植野食堂」のお品書きメニューに加えていくという設定で進んでいきます。

 

現在、植野食堂の「お品書き」は約80メニュー。今も増殖中です。

番組の最後には家庭で作れるよう、動画紹介やレシピなども公開しています。

現在、放送は朝、夜、二回。それぞれの時間に異なったメニューで挑戦します。

 

 

私は現在、せっせとこの番組を録画しています。

なぜかって・・・

会社を卒業し、この先、有り余る時間?を使い、新たな趣味としての料理に挑戦。

その際、「植野食堂」を活かしてみようと思っているからです。

 

男性の皆さん、私と一緒に厨房に入ってみませんか・・・

 

 

私にも撮影できた! 4月の満月「ピンクムーン」 (2021.05.25)

こんにちは。 経理部の松田です。

 

4/27は「ピンクムーン」という満月だったことを覚えていらっしゃいますか?

とても綺麗で、月の光で夜空が明るかったですよね。

 

毎月やってくる満月にはそれぞれ名前があるそうです。

ちなみに5月はフラワームーン、6月はストロベリームーンというのだそう。

美味しそうな名前ですね。

 

前日の4/26も見た目はほぼ満月。眩しいほど白く輝いていてとても綺麗でした。

そんな日のこと、

ネットを見て「4/27はピンクムーン」だと知った私は、突然思い立ちました!

 

 

” 満月を撮ってみよう ” と・・・

 

 

だけど月なんて綺麗に撮れるの? 難しくね?

それがネットで検索してみたら案外簡単に撮れるらしいのです。

 

[M]マニュアルモードにして、決まった値を設定するだけなんですが、初めての設定で難しい。

そもそもカメラのどこをどう触ればよいのかがわからん。  ← 月を撮る以前の問題だわ。

 

最初はなかなかピントが合わずイライラしたんですが、気合で撮ってみたら、

 

” あっ、見えたー “

” 月の模様まで見えるやんけー “

 

 

実際に撮れた大きさがこのサイズ。 ちっちぇー

 

IMG_5120

 

 

使用しているカメラはキヤノンのミラーレスカメラEOS M3。

望遠レンズはダブルズームキットに付いてきた普通の望遠ズームレンズ55-200mmです。

ズーム最大にしてこの大きさ。

 

ネットの記事を参考にして撮ってみました。

満月なら[ISO400、 F8.0、 1/800秒]に設定すると良いらしいです。

 

 

家のベランダからひとしきり撮ったあとは、パソコンに取り込んで画像を拡大。

 

IMG_5120-1

 

IMG_5120-5

 

 

拡大してみたらクレーターらしきものが出現。

正直、ここまで撮れてるなんて驚きです。すごーい!

 

 

試しにいろんな露出で撮ってみました。

 

IMG_5151-1

 

IMG_5154-2

 

 

ネットには「満月を撮るなら三脚は必要ない、手持ちで十分」と書いてあったんですけど、

私は脇があまいので三脚を使用。

だけど、月の位置が高いところにあり、カメラを上に向けたらカメラの重みで三脚が倒れかけたので

結局、三脚ごと腕で支えながら撮るという始末。三脚を使う意味がなかったです(笑)。

 

 

そして迎えたピンクムーン当日、山から昇ってきた月はびっくりするほど大きく、

ほんのりピンク色がかっていて言葉にならないほど美しかったです。まさにピンクムーンそのものでした。

 

 

IMG_5194-3

 

 

ということで、私にでも月の撮影が出来ましたよー!

次回はスーパームーンを狙ってみたいです。

 

 

コロナ禍での私のひと時 (2021.05.20)

エクセルセクションの梶谷です。

 

Le・climat・・ル・クリマ

*女性に人気のイタリアンパスタ* 入口のお花が心を和ませる

 

DSC_3874

 

 

昨年の今頃はスミカグラスでランチをしていました。

 

DSC_1690_HORIZON_0001

 

 

デザートはハーブティーとチーズケーキでリフレッシュ出来ました***

 

DSC_1685

 

 

リフレッシュできる風景 (2021.05.07)

アオイミ・プリモセクションの神田です。

 

最近、休日はずっと天候に恵まれず、ゴールデンウィークの5月4日に久々に清々しく晴れました。

遠出も自粛、しかし観光スポットではマスク姿の人でいっぱいでした。

人混みも心配ですので、ちょっと趣味の釣りにでもと思い、景色の一番好きな場所へ出掛けてみました。

 

バックに立山連峰、新湊大橋が見えるこの場所が一番気に入ってます。

この日は富山県魚津市で今年初のBランクの蜃気楼が出現したと、5日の新聞に掲載されてました。

今度こそは一度と思ってます。

 

DSC03441-1024x768

 

大橋の付近では魚より釣り人でいっぱい。もちろん釣果は期待外れ・・。

今度こそは大物を(^ω^)!。

 

しかしいつ見てもBIGスケールの橋です。

海王丸も近くで見られ、天然イルカを見たこともあります。

 

DSC03433-e1620219987310

 

お勧めドライブコースは、

氷見きときと回転寿司→立山連峰を見ながら車で橋を渡り(駐停車禁止ですがすごい眺めです)→

世界一とも言われたこともある眺めのいい環水公園スタバ→最後に富山市内で人気のある鱒寿司をテイクアウト。

 

DSC03438-1024x768

 

こちらは自宅近辺の散居村、田園風景と立山連峰のコラボ。

もっと綺麗に見られる日も多々あります。

 

DSC03453

 

棟方志功の疎開してきたところでもあり街中には記念館もあります。

ドジョウのかば焼き、バット工場も有名です。

 

DSC03449

 

道の駅の横にだまし川が流れ、昔カッパがいたと言われカッパ祭りも行われています。

 

DSC03454  DSC03452

 

6月にはホタルも見られるスポットです。

 

DSC03455-1024x768  DSC03451-1024x768

 

遺跡跡もある桑山とスキー場がある医王山も玄関先から見られ、温泉も近くにあり、

抜群にリフレッシュできる環境で一番贅沢に感じるこの頃でした。

 

DSC03446-1024x768

DSC034451-1024x768

 

 

まだまだ皆様の自宅近辺にも沢山お勧めスポットがあると思います。

リフレッシュして、コロナに負けずこれからも仕事に、生活に頑張りましょう!

 

 

【河北潟花街道】桜のトンネル花ざかり (2021.05.01)

経理部の松田です。

 

今年の桜は本当に綺麗でした!

 

IMG_4688

 

今年も河北潟の桜街道へお花見に行ってきました。

新年に思いもよらず、この河北潟の桜並木を提案された女性の方からお年賀状をいただいたので、

特別な思いで桜の開花を待ちわびていました。

 

今年は例年より早く桜前線が到来。

晴れの日が続いたこともあり、見事な開花っぷりです。

 

IMG_4640

 

毎年欠かすことのない河北潟花街道の桜見物。今年は何度も通いつめました。

 

 

こちらは4/3(土)の桜の光景。

数日前に満開を迎え、春の陽ざしを謳歌する桜です。

 

IMG_4684

 

こんなに綺麗な桜見たことない!

花びらがきらきらと輝いて息をのむ美しさ。シャッターを切る手が止まりません。

 

 

青空に映える桜。

 

IMG_4703

 

美しい桜並木の景色に心が浮き立ちます。

 

春の陽気に誘われて、いつになく交通量も多く、脇道に車を止めてお花見する人も沢山いました。

絶好のお花見日和です。

 

IMG_4663

IMG_4701

 

まさに花ざかり。

桜はなぜこんなにも心を晴れやかにしてくれるのでしょうかね?

 

ずっと続く桜のトンネル。

 

IMG_4614

IMG_4649

 

 

暖かな陽ざしに包まれながら満開の桜の下を散策。

桜の美しさにうっとりです。

 

IMG_4631

IMG_4656

 

 

日はさかのぼり、3/28(日)の花街道。

暖かい日だったので父を誘って見に行ってきました。

 

IMG_4456

IMG_4452

 

桜の木の根元にはツクシがいっぱい出ていましたよ。

 

 

続いては、満開になった3/31の光景。

日没前に桜を見ようと仕事帰りに急いで行ってきました。

 

IMG_4560

 

夕日に照らされる桜も良いですね。

幻想的でロマンチックな光景です。

 

IMG_4561

IMG_4568

 

桜並木は9kmにも及ぶので、撮影場所は事前にチェック。

美しい桜並木に心が癒された日々でした。

 

 

動画も撮ってきました。花びらが舞う光景も素敵でしたよ。

 

 

 

 

慣れ親しんだエンジ色の七尾線車両を見納め (2021.04.15)

経理部の松田です。

 

2021年3月13日のダイヤ改正でJR七尾線の普通列車が新型車両に代わりました。

あの馴染み深いエンジ色の車両が見れなくなってしまうのが名残惜しくて、

3月11日の早朝、カメラ持参で自宅からほど近い場所で見納めしてきました。

 

IMG_3687-1

 

 

朝6時、電車が来るのを待ちます。

今朝の気温は1℃。草木が霜をまとい、カメラを持つ手が凍えました。

 

けれど、私に残されたチャンスは通勤前の今朝だけ。失敗は許されません!

 

しっかりと写真に収めておきたくて、昨夜はカメラのマニュアルに目を通し予習。

初めて[Tv]というシャッタースピード優先機能を使って撮影してみました。これなら連写も可能!

 

 

IMG_3712-1

 

今冬の寒波の際も、数日間通勤でお世話になった車両です。

 

413系と415系があるようですが、鉄道ファンではないので詳しいことはよくわかりません。

ただ私には区別がつかないまま、引退ということになってしまいました。

 

このエンジ色の車両が見れなくなるのがとても寂しいです。

重厚で、かつ年期を感じるこの古めかしさがとても好きでした。

能登の田園風景にとてもマッチしていたと思うんですよ・・・

 

 

IMG_3733-1

 

 

ここは鉄道ファンも多く来る場所です。昨年の夏頃から車両を撮影している人を度々見かけていました。

 

約30分の間に上下3本の車両を撮影し、これにて見納め終了。

名残惜しいですが、この走りが私にとっては最後の姿となりました。ウゥゥ…

 

 

ダイヤ改正後、今度は新型車両を撮影に。

シルバーのボディにエンジ色のラインが入った車両になりました。

 

IMG_4348-1

 

 

顔をくっつけて連結。

 

IMG_4389

 

 

新型車両を待っている間にやってきたのは、観光列車 「花嫁のれん」。

金沢~和倉温泉間で運行されています。

 

IMG_4336-2

 

エンジ色の旧車両の面影を感じます。といってもこちらの外装は豪華絢爛ですが。

 

後で知ったのですが、七尾線の旧車両一部は、色を塗り替え、今後はえちごトキめき鉄道の観光列車として

活躍するようです。

こんな記事を見つけましたよ。→【ご報告】今日は電車を3両買いました。

 

新天地で走る姿を想像するとじ~んと熱いものが込み上げてきました。

きっとまた、皆の人気者に! そして沢山の人から愛されることでしょう。

 

長い間ありがとう。

お疲れ様でした。

 

 

撮影した写真をつないでみました。良き思い出です。

 

 

 

姉妹で・・・♨ (2021.04.09)

商品販売部 竹林です。

 

立春を過ぎた2月の土曜日 姉夫婦と温泉へ。

姉妹で行くのは初めての事、子供の頃は喧嘩ばかりしていましたが

この年齢になると姉がいて本当に良かった!!と実感しています。

 

温泉に行く前に先ずは腹ごしらえ。

本日のランチは「リストランテ アマレット」

イタリアンのコースで前菜からデザートまで全てが美味しい❣

お値段以上の価値があるおススメのレストランです。

 

IMG_0620

 

IMG_0619

 

いざ、温泉へ~今晩のお宿は「星野リゾート 界 加賀」

落ち着いた雰囲気の心癒される空間でした。

 

IMG_0586

 

IMG_0590

 

IMG_0592

 

IMG_0626

 

温泉の楽しみはお風呂と何と言ってもお料理、季節柄 カニを使った料理が多く大満足‼

山中塗や九谷焼の器がお料理を引き立てていました。美味しい❕

 

食事の準備、後片付けから解放される至福のひと時、幸せ~❣

 

IMG_0627

 

IMG_0628

 

 

お姉ちゃん ランチ&温泉 計画してくれてありがとう❣とっても楽しかった。

また行こうね!絶対行こうね‼ もちろんお義兄様も一緒に三人で❤

 

 

一足早くお花見です。 (2021.03.31)

こんにちは。 アオイミセクションの田口です。

 

コロナ禍の中、密にならないようにしてひっそりとお花見に行きました。

まずは定番の兼六園の真弓坂から出発です。

 

今日は無料開放の日なのでお得です。

 

IMG_4018

 

やはり桜の名所だけあって7分咲きでも見応えはありますね。

 

IMG_4020

 

続いては梅園に向かいます。

梅はそろそろ終わりですが桜とのコラボレーションは楽しみの一つです。

 

IMG_4021

 

中には満開の桜もありテンションが上がります。

 

IMG_4025

 

でも私の目当ては兼六園よりも金沢城公園の桜が好きなのです。

 

IMG_4026

 

特にこの堀の周りの桜は昼も綺麗ですが、夜桜も大変幻想的なのでお勧めです。

 

IMG_4027

 

ここから玉泉院丸庭園に抜けて庭園を堪能します。

後ろに見えるのは三十間長屋です。なんとなくロマンを感じるのは私だけでしょうか。

 

IMG_4028

 

最後に玉泉庵で抹茶でも飲もうと思ったらタッチの差で閉まってしまいました。

残念です。

 

IMG_4030 IMG_4029

 

最後は残念でしたが桜を堪能した休日でした。

 

 

地球の歩き方(金沢) (2021.02.22)

シーツーセクションの松野です。

 

不要不急の外出自粛を・・・!

コロナウィルス感染症拡大防止の為、そう言われ続けて早や一年。

そうは言ってもストレス発散と健康の為にちょっとだけお散歩をしてきました。

 

金沢の街はさみしいくらいに観光客はまばら。

歩いている人はマスクをし、館内に入る時は必ず手指の消毒は忘れません。

皆さんちゃんと守ってます。

 

「喫茶 菜の花」からスタート

 

DSC_1562  DSC_1556

 

モーニングには残念ながら間に合わなかったけれど、プリンをいただきエネルギーチャージ完了!

こちらのプリンは少し固めで甘さ控えめ。

昔ながらのプリンな感じです。

 

目指すは・・・

「鈴木大拙館」

 

DSC_1568

 

ここは、金沢出身の仏教哲学者 鈴木大拙 の考えや足跡を広く人々に伝え

大拙についての理解を深めるとともに、来館者自らが思索する場所として作られたました。

思索空間棟は、まるで水鏡の庭に浮いているような美しさです。

その中で私はしばしぼーっと。

 

一人になれる場所、時間はなかなかないと言う人が多い。

穏やかな時間を過ごして心身の爽快をはかる大切さを大拙は伝えてきました。

それに気付ける場所でした。

 

DSC_1564  DSC_1570

 

そんな建物も興味深く、こちらの建物は、現代建築家 谷口吉生 の設計。

因みに「金沢市立玉川図書館」も設計されています。

 

次は・・・

 

DSC_1586

 

「緑の小径」を経て「金沢21世紀美術館」へ

 

現代アート美術館

 

DSC_1605

DSC_0000_BURST20210211131238475  DSC_0000_BURST20210211132438364

 

この日は、自然だけど自然ではない”園林”と自然を体感する”タレルの部屋”

四角い空間に身を置き、真四角に切り取られた天井(空)をぼーっ。

ただリアルな空を見ているだけです。

でもこの空間も不思議と穏やかな気持ちでいられます。

 

またまた因みに「タレルの部屋」とありますが、作品名は違うそうです。

「ブルー・プラネット・スカイ」が正式名

 

DSC_1609

 

帰りは少しだけ犀川べりを歩きました。

川を見ても空を見ても全くコロナ渦であることは感じません。

コロナウイルス感染症が終息し、自由にどこへでも行ける日が一日も早くきますように・・・

 

 

【河北潟花街道】ブログがつないだ一通の年賀状 (2021.02.01)

こんにちは。 経理部の松田です。

 

今年、会社に私宛の年賀状が一通届きました。

桜の写真がとても綺麗な年賀状です。

けれど差出人を見たら、お取引様でもなく、私には身に覚えのないお名前の方からでした。

 

誰だろう?とすごく気になって年賀状を何度も見返していたら、

「あ、私以前ブログ書いたな~」って。

 

 

届いた年賀状がこちら。

 

2021.2.1-1

 

 

思いもしなかった方から届いた年賀状に私テンパってます!

 

 

内灘から津幡を結ぶ河北潟の桜街道は「母恋(ははこい)街道」とも呼ばれているんです。

年賀状の差出人は亡き母を思い、桜並木づくりを提案された津幡町に住む主婦の方からでした。

現在御年80歳ぐらいだと思われます。

 

(平成28年4月の北國新聞の掲載内容より)

お母様の看病のため津幡町の自宅から金沢医科大病院まで1日3往復されていました。

「車を運転しながら涙の出ない日はありませんでした」

「この道は私の母恋街道になった」と

98年1月、当時の金沢市長、山出保氏宛てに1通の手紙を出されたのです。

 

この手紙をきっかけに金沢、内灘、津幡の3市町が動き、「母恋街道」として桜を植樹。

今では河北潟堤防横の道沿いに約9キロ続く桜並木の名所となっています。

 

 

2021.2.1

 

 

以前のブログでも書いたけど、桜の季節にこの街道を通ると温かく優しいものに包まれてるような感じがします。

私も25年前、母を病気で亡くしました。母の入院中は日に何度も病院通い。私も母と一緒に病気と闘っていた。

家族には決して涙を見せずに、でも一人になった時はずっと泣いていました。

つらく悲しい日々が続いたけど、桜はそんな気持ちを全て優しく包み込んでくれるような感じがするのです。

 

 

なんだかしんみりとしちゃったけど、でもどうして私に年賀状を?

 

インターネットで「河北潟花街道」と検索してみると、

私が書いたブログがなんとトップページに表示されてるじゃないですか?!

私の勝手な想像ですが、ブログがこの出会いをつないでくれたのかなと思っています。

 

お年賀状、ありがとうございます。

今年はなんだか良い年になりそうな予感が  ^^)

早くもお花見が待ち遠しくなってきました。

 

皆様も桜の季節はぜひ河北潟花街道を通ってみて下さいね!

 

 

お気に入り (2021.01.20)

経理部 木村です。

 

最近よく飲むのがこのお酒。

 

DSC_0505

 

一度飲んだら病みつきに…

 

今日は飲もうかな~と思うと、ドキドキ

でも、日本酒飲む人少ないですよね・・・

嗜好品だからしょうがないですけど・・・

 

せっかく金沢に来て、地元の食材わざわざなのに

なぜかどこにでも売ってるビール!

これほとんど・・・

個人的には地元の食材と同じように地元のお酒も選んでほしいなあと・・・

 

最近思うのは、食材、お酒の種類、その容器や食器、お店のインテリアなどなどは服のコーディネートに似てるな~と

アパレル企業が飲食に進出するには、いろんな理由があるんでしょうけど・・・

あの、UAも中古リノベ始めましたからね!

わかる気もする。

 

せっかく気に入った服は、その服にあった容器、収納場所(部屋)に置きたくなるんですよ。

そのほうが、その服の価値が高まる気がして・・・

当たり前といえば、その通りで、ショップはその服が素敵に見える、感じられるように作られてるわけで、

だから、その感覚含めて買ってる部分も・・・

服はそれを置く容器(環境)が大事かな・・・

 

 

新しい家族(猫) (2021.01.05)

こんにちは、

ガールズセクションの中森です。

 

去年の二月(コロナの始まり)に中森家にやってきたアズキちゃんです。

 

DSC_0023

 

目がエメラルドグリーンの女の子です(2歳)。

保護猫をもらって来ました。前の飼い主が、猫多すぎて飼えなくなったので保健所に持ち込んだそうです。

なので、しつけはちゃんとされていましたし、人にも慣れていました。

ただ、食べ物が不十分だったのか今よりも痩せていました。今はふっくらとして元気です。

 

この方は、前からいてるタナマロくん

DSC_0004

 

自分以外の猫を見たことがありませんでした。

 

1605266901034

 

初めてのご対面です。

 

DSC_0024

 

最初は、な、な、なんだこいつは??って感じで不思議そうに眺めていました。

 

1609499883704

 

今は一緒に遊ぶことはありませんが、お互いを認め合って適度な距離で過ごしています。

ニャーシャルディスタンス!

 

捨て猫と保護猫

もしかしたら、生きられなったかも知れない二つの命が、縁があり、中森家で元気に過ごしています。

 

 

卒団式 (2020.12.28)

こんにちは! シーツープレタセクションの村井です。

今年の大トリを務めさせて頂きます!

 

先だって四年間在籍した息子の学童野球チームの卒団式が行われました。

昨年のこの式で監督からキャプテンに指名され、10番を背負った息子。

 

IMG_1979

 

 

最終学年として挑んだ今シーズン、さあこれからという矢先にコロナウイルス感染拡大による

一斉休校そして非常事態宣言と全く動きがとれない状況に・・・

シーズン後半から再開したものの、不完全燃焼のままこの日を迎えました。

 

 

IMG_1990

 

 

大した成績は残せなかったものの、在団生からの贈り物や記念品を頂いて

スライドショーで今までの活躍ぶりを振り返り、六年生六人が指導者と保護者に

感謝の言葉を述べて式は無事に終了。

 

 

IMG_1986

 

 

少人数の弱小チームでしたが、息子は野球を通じて礼儀を教わり仲間の大切さを学び貴重な経験をしました。

これからいろいろな事が待ち受けていると思いますが、監督さんがよく言われる

「苦労してない人間に本当の楽しみは分からない」という言葉を胸に秘め、中学でも成長してほしいと思います。

 

 

IMG_1988

 

 

頑張れ、野球少年!!

 

IMG_1989

 

 

来年もスタッフブログ共々宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

 

 

子供、女性は流行に敏感!男は (2020.12.11)

プリモセクションの守田です。

 

1年もアッと過ぎ、早や12月師走となりました。

今年1年はコロナで皆さんも以前のような生活とは異なった日々を過ごしているかと思います。

 

そんな1年の日本において大ヒットしたのが皆さまもご存じの 鬼滅の刃 です!

我が家の娘たちも昨年から単行本を買ったりといち早く「これは面白い」と大絶賛していました。

 

DSC_1333

 

 

皆で映画も初日に見に行ったそうです。

で、今ブレイクしているのが”呪術廻船”という漫画で

子供曰く「鬼滅より面白い!」と言っていました~

 

 

DSC_1331

 

この漫画、なかなかなく揃えるのに大変でしたー

ここは営業の特権で書店に回り、何とか揃えることができ、この時だけは「いい仕事するね」

子たちから言われました。

 

そんな書店でのやりとり

「すいません、呪術廻船置いてありますか」

店員「はい、2、3,4、7~13巻までならあります」

「ではそれ全部」

 

子供のためなら買っちゃいますよね。

ただ0巻、1巻、5巻がどうしても見つからない。必死に探し、やっと見つけた本屋さん。

その瞬間は何とも言えない達成感というか充実感というか思わず小さくガッツポーズしちゃいました。

やっと揃えた本まだ読ませてもらっていませーん。

 

妻はというと金沢駅が買い物圏内ということもあり、まぁいろんなお菓子、ケーキなどをチョイチョイ買ってきます。

この間も期間限定販売のグッディ・フォーユー六本木のチーズケーキを買ってきていました。

 

DSC_1338

 

ゴルフから帰ってきたら1切れだけ残されていたので一応私の分と解釈し頂きました。ご馳走様でした。

 

 

私の今熱中していることはゴルフです。

 

DSC_1301

DSC_1307

 

スコアはさておき、いろいろな方と知り合いになれ勉強になります。

お客様からはクラブを頂いたりスイング等を教えて頂いたりと、最近何とか月並みになってきた感じです。

 

しかし子供と女性は流行には非常に敏感ですね。

こちらも勉強になります。

 

男は仕事とゴルフ時々飲み会。そんな生活が幸せと感じます。

今思うとコロナ前の当たり前の生活が懐かしく感じる今日この頃…

 

 

招き猫 (2020.12.04)

こんにちは、アオイミセクション中島です。

 

招き猫の聖地 「豪徳寺」 をご紹介します。 東京世田谷区に佇む招き猫発祥の地。

 

11

 

12

 

 

今より400年前の江戸時代初期、近江彦根藩(現在の滋賀県)藩主・井伊直孝が鷹狩りに出かけた帰り道、

小さなお寺の前を通りかかると一匹の白猫が直孝に向かって手招きを、導かれるまま寺に休息を願い出ます。

 

すると突然外は轟音鳴り響く雷雨となります。白猫のおかげで落雷や雷雨を避ける事が出来た直孝ら一行は

命拾いを感謝して寺に帰依し井伊家の菩提寺とされました。

これが豪徳寺の招き猫伝説です。

 

 

2

 

 

招猫殿には1000匹を超える招き猫が奉納されて圧巻!!お土産の招き猫や絵馬は豪徳寺でのみの販売です。

滋賀県彦根市の人気ご当地キャラの 「ひこにゃん」 豪徳寺の白猫がモチーフになっています。

 

 

1

 

 

招き猫の大きさによって表情の違いを楽しめます。

 

 

9

 

 

我が家の姉妹猫、目色はカッパーとブルー。性格はまるで違ってそれがまた魅力です。

 

 

5

 

 

こちらは石川県を代表する九谷焼・上出長右衛門窯の招き猫です。

右手・左手・鈴持ち・鈴乗り・両手など多彩なデザイン・色使いを楽しめます。

 

 

3

 

 

4

 

 

猫好きな方々は、猫関連グッズにまで心惹かれてしまいます。

 

 

> カテゴリー&月別アーカイブ

  • ブログトップ
  • アオイミのひとりごと (151)
  • 登山部 (4)
  • ユニフォーム&環境・健康 (18)
  • イベントニュース (112)
  • おすすめ商品 (17)
  • キラリ隊のひとりごと (7)
  • 未分類 (263)
  • 2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

> 最新の記事15件を表示

ページトップへ