小川商事株式会社 – 古都・金沢で唯一の美しさをつくるアパレル専門商社

古都金沢で、唯一の美しさをつくる 古都金沢で、唯一の美しさをつくる

〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地 TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785 〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地
TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785
お問い合わせ お問い合わせ

スタッフブログ STAFF BLOG スタッフブログ

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ

カレンダー

> カテゴリー&月別アーカイブ

> 最新の記事15件を表示

春うらら。早春を彩る花を求めて (2021.06.17)

経理部の松田です。

 

春は色とりどりの花が咲き誇る季節。

特にさまざまな花に包まれる里山は見どころ満載なのです!

 

 

IMG_4991

 

というわけで、4/3午前に河北潟花街道の桜見物をした後、

早春の花・カタクリを求めて福井県大野市まで行ってきました。

 

ここは、100万本のカタクリの花が咲く「矢ばなの里」。

西日本最大級のカタクリ群生地です。

 

IMG_4727

 

菜の花畑を見ながら中に入ると、斜面一面にカタクリの花がぎっしり。

入口からその数に圧倒されます。

 

IMG_4935

 

この地区の方々が荒れた里山を人と共存できる森にしようと、桜を植えて整備を始めたところ、

3年目の春に偶然カタクリの群生地を発見したんだとか。

すべて自生した自然のままの状態だそうで、圧巻の光景です。

 

IMG_4796

IMG_4802

 

右を見ても、左を見てもカタクリの花・花・花・・・

まさしく百花繚乱。

 

IMG_4949

IMG_4815

 

園内には遊歩道が整備されていて回遊することができます。

ベンチも設置されているのでゆっくりとお花を観賞。

 

IMG_4917

IMG_4822

 

今日は父を連れて見にきました。

桜を一緒に見に行った時に、父が「春に咲く可愛い花を見てみたい」と言っていたので。

ここなら山を登らなくても、お手軽にお目当ての花を堪能できますからね。

 

カタクリは種から花が咲くまで8年の年月がかかるそうですよ。

 

IMG_4764

 

体勢が厳しいですが、下からのアングル撮影。

赤紫色の花びらがとても美しいです。

 

IMG_4747

 

斜面一面に咲くカタクリは圧巻の一言。

感動が抑えきれず「すごーい、すごーい」と言いながら写真を撮っていました。

 

IMG_4885

IMG_4874

 

カタクリに交じってヤマエンゴサクやスミレも咲いてます。

 

IMG_4937

 

 

「矢ばなの里」からは百名山・荒島岳の姿も。

 

IMG_4992

 

 

カタクリの花を堪能した後は、越前大野城を見学。

そして帰りの道中、北谷の福寿草も見てきました。

 

カタクリと福寿草は春を告げる山の妖精・スプリングエフェメラルです。

 

IMG_5055

 

鮮やかな黄色に春の輝きを感じますね。

今年は開花が早いのかなと思っていたんですけど、まだ蕾がいっぱいありました。

 

IMG_5058

 

地面にしゃがみこんで撮影。

 

IMG_5072

IMG_5057

 

幸せを招く黄色の花・福寿草。

今年こそハッピーなことがありますようにと願いを込めて・・・

 

 

早春に咲く花はやっぱり可憐で可愛い!

お天気も良く、ちょうどお花の見頃を迎えたベストタイミングに観賞できて良かったです。

春しか見られない花の絶景とのどかな風景に癒されたひとときでした。

 

いよいよ季節は新緑から初夏へ。街と山が緑や花であふれる風景も楽しみです。ふふふ。

 

 

男子、厨房に入ってみようかな (2021.06.08)

コロナ渦でどこかへ出かけることもできなくて憂鬱な今日この頃、皆さん、如何お過ごしでしょうか?

 

私、経理部・五寳、いよいよ本年7月15日をもって、

当社での「サラリーマン生活」を終えることとなりました。残すところ、あと1か月余り・・・。

 

会社を卒業したら、時間の余裕ができる。

旅行など、どうだろう。

首都圏での美術館巡りは、どうだろう。

評判の良いお店で食事などはどうでしょう。

 

しかし、どうも、昨今のコロナの状況下ではどれもこれも叶わぬ望みということで、はたと困りました。

 

ふと、居間でテレビを見ていたら、BS・フジ181チャンネルで「日本一ふつうで美味しい植野食堂」と

いう番組を放送していました。

 

 

◎植野食堂 ヨコ トップ

 

 

番組の説明に

■雑誌「dancyu」の編集長・植野広生は「植野食堂」の開店準備中。

■目指すは、日本一ふつうで美味しい料理が自慢の食堂をつくること!

■「”ふつうで美味しい”とは”今日も、明日も10年後も食べたい味”」と、植野編集長。

■しょうが焼きに、ナポリタン、ポテトサラダ・・・

■お品書きは自分が感動したお店の味でいっぱいにしたいと、店主に頼み込み、美味しさの秘密を学ぶ。

■番組ホームページには、番組で紹介したお店のレシピを動画と合わせて掲載!

■素朴でふつうだけれど後世に残したい味を紹介していく。

 

と、まあこのように書いてあります。これは良い。

 

 

◎ナスカラフル009_1

◎チジミ084_1

◎ホイコーロー010_1

 

 

番組は「植野広生」さんが、都内の名店、評判の店の厨房にじかに立たせてもらい、

和、洋、中をはじめ、酒の肴になりそうな様々な料理を、料理人直伝にて教わり、作り、

次々と「植野食堂」のお品書きメニューに加えていくという設定で進んでいきます。

 

現在、植野食堂の「お品書き」は約80メニュー。今も増殖中です。

番組の最後には家庭で作れるよう、動画紹介やレシピなども公開しています。

現在、放送は朝、夜、二回。それぞれの時間に異なったメニューで挑戦します。

 

 

私は現在、せっせとこの番組を録画しています。

なぜかって・・・

会社を卒業し、この先、有り余る時間?を使い、新たな趣味としての料理に挑戦。

その際、「植野食堂」を活かしてみようと思っているからです。

 

男性の皆さん、私と一緒に厨房に入ってみませんか・・・

 

 

> カテゴリー&月別アーカイブ

  • ブログトップ
  • アオイミのひとりごと (151)
  • 登山部 (4)
  • ユニフォーム&環境・健康 (18)
  • イベントニュース (112)
  • おすすめ商品 (17)
  • キラリ隊のひとりごと (7)
  • 未分類 (263)
  • 2021年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

> 最新の記事15件を表示

ページトップへ