小川商事株式会社 – 古都・金沢で唯一の美しさをつくるアパレル専門商社

古都金沢で、唯一の美しさをつくる 古都金沢で、唯一の美しさをつくる

〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地 TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785 〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目59番地
TEL : 076-237-4646 FAX : 076-237-4785
お問い合わせ お問い合わせ

スタッフブログ STAFF BLOG スタッフブログ

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ

カレンダー

> カテゴリー&月別アーカイブ

> 最新の記事15件を表示

伊藤若冲生誕300年 (2016.12.22)

若冲フアンの経理部・五寳(ごぼう)です。

 

伊藤若冲(じゃくちゅう)は今から300年前、1716年、京都・錦小路の裕福な青果商の

長男として誕生しました。

父の死去の後、23歳にて家業を継ぎましたが、商売には興味がなく、朝から晩まで

好きな画業に打ち込んでいました。

40歳の時に弟に家督を譲り、絵師の仕事に専念し、数々の名作を世に送り出しました。

それまでの日本画壇に無かった斬新な技法を多様し、写実と想像を融合させ、

動物や植物をカラフルにリアルに写生し、さまざまな色彩と形態で多く華麗な作品を

遺しました。

 

 

05a458ae

 

 

2016年は若冲生誕300年の記念すべき年で、全国各地で様々な「展覧会」が

開催されました。

特に5月に東京上野の東京都美術館で開催された「生誕300年記念 若冲展」はNHKが

特番を組むなど、全国的にも話題になり、入場まで、延々320分待ちなどという凄まじい

混みようの「展覧会」となりました。

勿論、ファンの私は、上野の東京美術館へ馳せ参じ、入場まで240分待ち、若冲の作品と

対面しました。

 

若冲が相国寺(京都)に寄進し、後に相国寺が天皇家に寄贈した

動植綵絵」(どうしょくさいえ)三十幅と、相国寺に残る「釈迦三尊像」三幅が一堂に

会する展覧会という事で、人気がヒートアップしたのだといわれました。

 

 

IMG_4628

 

 

2017年は酉年です。2016年に見逃した方はこれから観ることのできる若冲展を紹介します。

生誕300年記念 「伊藤若冲展・ 後期 」 相国寺・承天閣美術館 2017年5月21日まで

特集陳列 「生誕300年 伊藤若冲」 京都国立博物館 2017年1月15日まで

 

 

Itoujakutyuu1s

郡鶏図・「動植綵絵」より

 

 

> カテゴリー&月別アーカイブ

  • ブログトップ
  • アオイミのひとりごと (99)
  • 登山部 (2)
  • イベントニュース (84)
  • おすすめ商品 (17)
  • キラリ隊のひとりごと (7)
  • 未分類 (263)
  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

> 最新の記事15件を表示

ページトップへ